2015年12月18日金曜日

SHARPのIGZO液晶用のスタンドをタミヤの楽しい工作キットで作り、Raspberry Piで使ってみた

はじめに


秋月電子通商を始めとする様々なショップでSHARPのIGZO液晶の取り扱いが開始されました。


実は2015年8月のMaker Faire Tokyoで参考出展されていたようなのですが、私は今回初めて知りましたので、早速購入して試してみました。

あまり深く考えずに購入したのですが、なかなか骨のある商品でした。

タミヤの楽しい工作シリーズでスタンドを作成して表示している様子がこちら。


組み立てから電源投入まで

組み立ては詳細な説明書がついてくるので、流れ自体は難しくありません。

ただし、フレキシブルケーブルを基板に取り付けるの作業がかなり繊細なので、慎重に行なう必要があります。また、このフレキシブルケーブルは非常に断線しやすい(後述)ので、注意する必要があります。

Raspberry Piで用いる場合、/boot/config.txtにLCDの解像度に関する設定を追加する必要があります。/boot/config.txtの冒頭に、下記を追加します。KSYさんのページを参考にしました。
# SHARP 7" Settings: (KSY)
hdmi_pixel_freq_limit=200000000
hdmi_timings=1200 0 164 8 32 1920 0 12 2 6 0 0 0 60 0 163430000 0
hdmi_drive=2
disable_overscan=1
max_framebuffer_width=1200
max_framebuffer_height=1920

# Landscape (display_rotate=3 for upside down)
display_rotate=1
framebuffer_width=1920
framebuffer_height=1200
# Test
hdmi_group=2
hdmi_mode=87
hdmi_force_hotplug=1
なお、上記の秋月電子通商の商品ページで公開されているconfig.txtでは、2016-02-03以降のRaspbianで横向き表示ができないので注意しましょう。上記の設定の「hdmi_mode=87」が必要なようです。こちらの解説によると、カスタムモードを作るための設定のようですね。

なお、2015年12月頃のRaspbianでは「NOOBSでインストールしたRaspbian」で映像が表示されず、イメージ書き込みである必要がある」ようでしたが、2016年5月現在、上記の設定を用いればNOOBSでインストールしたRaspbianでも表示可能でした。


2015年12月当時、NOOBSでは画面が映らないと気づくまでの数日間、「組み立て時に破損してしまったのではないか?」と思い、二個目の液晶を購入してしまいましたが、その心配は不要でした(少なくともこの時点では)。


スタンドの作成

このままでは液晶を机にベタ置きで使う羽目になるので、スタンドを作成する必要があります。

既に、フォトフレームを流用する方法を紹介されている方や、きれいなスタンドを自作している方がいらっしゃるのですが、私はタミヤの楽しい工作シリーズのキットが手元で余っているので、これを使うことにしました。

それが冒頭の写真です。


どのようなパーツを使っているのかを解説すると、まず、前面側は下図のようになっており、

  • ユニバーサルプレートL
  • ユニバーサルアームセットのアームを2本
  • ユニバーサルアームセットのパイプ材(小)をスペーサーとして6個(ニッパなどで多少細らせる必要がある)
  • 3mmのビスとナットを6組

が使われています。


背面側は下図のようになっており、
  • ユニバーサルアームセットのL型アーム2個
  • ユニバーサルアームを長さ10でカットしたものを2つ
  • 3mmプッシュリベットを1つ(オレンジ色の部分)
  • 3mmのビスとナットを適宜
が使われています。

ユニバーサルプレートの穴と基板の穴の間隔が合わないため、ユニバーサルプレートへの固定は一箇所だけプッシュリベットを取りつけ、さらにタミヤのマスキングテープを貼って仮止めしています(これについては後述)。


ひとまずはこれで使えるようになりました。このIGZO液晶(1920x1200)(左)と公式タッチパネル(800x480)(右)を比較したのが下図です。

IGZO液晶の方が解像度が高いのですが、プログラムを書くなどのように文字を読み書きするためには、フォントを大きくするなどの設定が必須でしょう。


オチ

そのようなわけで、IGZO液晶をRaspberry Piで使えるようになってめでたい、で締めようと思っていました。

しかし、ブログにまとめるにあたって、基板とユニバーサルプレートをマスキングテープで仮止めたままではカッコ悪いかなあと思い、うまい固定方法を考えることにしました。

そのためにいろいろと試行錯誤している際、ビリッ、という異音がし、フレキシブルケーブルが下図のように断線してしまいました。


上述のようにIGZO液晶を2個購入していたので、2個目を使って復活させることはできましたが、断線に気づいたときはかなり落ち込みました。

そんなわけで、私のIGZO液晶の基板はマスキングテープでユニバーサルプレートに仮止めされたままです。

使いやすかったら常用しようかな、と考えていたのですが、また壊すと落ち込みそうなので、棚にしまっておくことにしました。

オチ2

そんなわけで棚で眠っていたIGZO液晶なのですが、emerge+さんの「IGZOパネルエンクロージャ」というアクリルケースを購入してうまれかわりました。これ、すごく良いですよ。お勧めです。




「カラー図解 最新 Raspberry Piで学ぶ電子工作」、「実例で学ぶRaspberry Pi電子工作」を執筆しました。


0 件のコメント:

コメントを投稿